組合

687条 組合員である清算人の辞任及び解任

第672条の規定は、組合契約の定めるところにより組合員の中から清算人を選任した場合について準用する。

組合

686条 清算人の業務の決定及び執行の方法

第670条第3項から第5項まで並びに第670条の2第2項及び第3項の規定は、清算人について準用する。

組合

685条 組合の清算及び清算人の選任

条文 (組合が解散したときは、清算は、総組合員が共同して、又はその選任した清算人がこれをする。) 2 …

組合

682条 組合の解散事由

条文 組合は、次に掲げる事由によって解散する。 一 組合の目的である事業の成功又はその成功の不能 二 …

組合

680条の2 脱退した組合員の責任等

条文 脱退した組合員は、その脱退前に生じた組合の債務について、従前の責任の範囲内でこれを弁済する責任 …

677-2

677条の2 組合員の加入

条文 組合員は、その全員の同意によって、又は組合契約の定めるところにより、新たに組合員を加入させるこ …

677

677条 組合財産に対する組合員の債権者の権利の行使の禁止

条文 組合員の債権者は、組合財産についてその権利を行使することができない。 解説 改正趣旨 通説的理 …

676

676条 組合員の持分の処分及び組合財産の分割

条文 (組合員は、組合財産についてその持分を処分したときは、その処分をもって組合及び組合と取引をした …

675

675条 組合の債権者の権利の行使

条文 組合の債権者は、組合財産についてその権利を行使することができる。 2 組合の債権者は、その選択 …

673

673条 組合員の組合の業務及び財産状況に関する検査

各組合員は、組合の業務の決定及び執行をする権利を有しないときであっても、その業務及び組合財産の状況を …