666

666条 消費寄託

条文 受寄者が契約により寄託物を消費することができる場合には、受寄者は、寄託された物と種類、品質及び …

665-2

665条の2 混合寄託

条文 複数の者が寄託した物の種類及び品質が同一である場合には、受寄者は、各寄託者の承諾を得たときに限 …

665

665条 委任の規定の準用

条文 第646条から第648条まで、第649条並びに第650条第1項及び第2項の規定は、寄託について …

664-2

664条の2 損害賠償及び費用の償還の請求権についての期間の制限

条文 寄託物の一部滅失又は損傷によって生じた損害の賠償及び受寄者が支出した費用の償還は、寄託者が返還 …

662

662条 寄託者による返還請求等

条文 (当事者が寄託物の返還の時期を定めたときであっても、寄託者は、いつでもその返還を請求することが …

660

660条 受寄者の通知義務等

条文 寄託物について権利を主張する第三者が受寄者に対して訴えを提起し、又は差押え、仮差押え若しくは仮 …

659

659条 無報酬の受寄者の注意義務

条文 無報酬の受寄者は、自己の財産に対するのと同一の注意をもって、寄託物を保管する義務を負う。 解説 …

658

658条 寄託物の使用及び第三者による保管

条文 受寄者は、寄託者の承諾を得なければ、寄託物を使用することができない。 2 受寄者は、寄託者の承 …

657-2

657条の2 寄託物受取り前の寄託者による寄託の解除等

条文 寄託者は、受寄者が寄託物を受け取るまで、契約の解除をすることができる。この場合において、受寄者 …

657

657条 寄託

条文 寄託は、当事者の一方がある物を保管することを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって …