677条の2 組合員の加入

条文

組合員は、その全員の同意によって、又は組合契約の定めるところにより、新たに組合員を加入させることができる。
2 前項の規定により組合の成立後に加入した組合員は、その加入前に生じた組合の債務については、これを弁済する責任を負わない。

解説

通説的理解の明文化である。
 既存組合員全員の同意の上で新組合員を加入させることができる。全組合員の同意がなくても,組合契約に組合の新規加入の条項がある場合は,その条項の要件・手続きにしたがって,新組合員を加入させることができる。

組合
687条 組合員である清算人の辞任及び解任

第672条の規定は、組合契約の定めるところにより組合員の中から清算人を選任した場合について準用する。 …

組合
686条 清算人の業務の決定及び執行の方法

第670条第3項から第5項まで並びに第670条の2第2項及び第3項の規定は、清算人について準用する。 …

組合
685条 組合の清算及び清算人の選任

条文 (組合が解散したときは、清算は、総組合員が共同して、又はその選任した清算人がこれをする。) 2 …