557条 手付

条文

買主が売主に手付を交付したときは、買主はその手付を放棄し、売主はその倍額を現実に提供して、契約の解除をすることができる。ただし、その相手方が契約の履行に着手した後は、この限りでない。
2 第545条第4項の規定は、前項の場合には、適用しない。

解説

1項解説

判例法理の明文化である。「当事者の一方」となっていたのを「その相手方」とし、「その倍額を償還して」となっていたのを「その倍額を現実に提供して」とした。
履行に着手した場合に手付解除できない旨を但し書きに規定されたので、履行に着手したことの立証責任は手付解除の効力を争う側にあることが明確になった。
AB間の売買契約において、Aが履行に着手したので、それ見てBが契約が履行されるのを期待していたところ、Aが手付解除したような事案でBに酷な場合は、信義則の適用があるかを検討することになる。

2項解説

545条3項が4項に繰り下がったことに対応した変更。
同項は
解除権の行使は、損害賠償の請求を妨げない。
と規定している。
つまり、手付解除では損害賠償はできないということである。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

677-2
677条の2 組合員の加入

条文 組合員は、その全員の同意によって、又は組合契約の定めるところにより、新たに組合員を加入させるこ …

677
677条 組合財産に対する組合員の債権者の権利の行使の禁止

条文 組合員の債権者は、組合財産についてその権利を行使することができない。 解説 改正趣旨 通説的理 …

676
676条 組合員の持分の処分及び組合財産の分割

条文 (組合員は、組合財産についてその持分を処分したときは、その処分をもって組合及び組合と取引をした …