667条の3 組合員の一人についての意思表示の無効等

条文

組合員の一人について意思表示の無効又は取消しの原因があっても、他の組合員の間においては、組合契約は、その効力を妨げられない。

解説

組合契約の団体法的な性格に基づく規定である。一部組合について無効原因等があっても,組合契約全体への影響はないということである。

 ただし2人で組合契約をした場合は,組合契約において2名以上の組合員が必要と解されていること,本条も「他の組合員の間において」と意思表示に瑕疵のある組合員以外に複数の組合員がいることを前提にした文言であることから,本条の適用はないと解する。そこで,2人の組合契約においては,意思表示の無効・取消し原因がある場合,契約は効力を妨げられる。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

組合
687条 組合員である清算人の辞任及び解任

第672条の規定は、組合契約の定めるところにより組合員の中から清算人を選任した場合について準用する。 …

組合
686条 清算人の業務の決定及び執行の方法

第670条第3項から第5項まで並びに第670条の2第2項及び第3項の規定は、清算人について準用する。 …

組合
685条 組合の清算及び清算人の選任

条文 (組合が解散したときは、清算は、総組合員が共同して、又はその選任した清算人がこれをする。) 2 …