657条 寄託

条文

寄託は、当事者の一方がある物を保管することを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる。

解説

改正趣旨

寄託契約は旧法では要物契約とされていたが,諾成契約とした。
「◯が邪魔なんで預かってくんない」「いいよ。いつでも持ってきなよ」という話があった場合,旧法では実際に荷物を預けるまでは契約は成立しないが,改正法では契約は成立する。
とはいえ,上記の会話で預ける義務や預かる義務が発生し,履行を強制するのは必ずしも合理的ではないこともあり,657条の2で規律される。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

677-2
677条の2 組合員の加入

条文 組合員は、その全員の同意によって、又は組合契約の定めるところにより、新たに組合員を加入させるこ …

677
677条 組合財産に対する組合員の債権者の権利の行使の禁止

条文 組合員の債権者は、組合財産についてその権利を行使することができない。 解説 改正趣旨 通説的理 …

676
676条 組合員の持分の処分及び組合財産の分割

条文 (組合員は、組合財産についてその持分を処分したときは、その処分をもって組合及び組合と取引をした …