570条 抵当権等がある場合の買主による費用の償還請求

買い受けた不動産について契約の内容に適合しない先取特権、質権又は抵当権が存していた場合において、買主が費用を支出してその不動産の所有権を保存したときは、買主は、売主に対し、その費用の償還を請求することができる。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

677-2
677条の2 組合員の加入

条文 組合員は、その全員の同意によって、又は組合契約の定めるところにより、新たに組合員を加入させるこ …

677
677条 組合財産に対する組合員の債権者の権利の行使の禁止

条文 組合員の債権者は、組合財産についてその権利を行使することができない。 解説 改正趣旨 通説的理 …

676
676条 組合員の持分の処分及び組合財産の分割

条文 (組合員は、組合財産についてその持分を処分したときは、その処分をもって組合及び組合と取引をした …