567条 目的物の滅失等についての危険の移転

売主が買主に目的物(売買の目的として特定したものに限る。以下この条において同じ。)を引き渡した場合において、その引渡しがあった時以後にその目的物が当事者双方の責めに帰することができない事由によって滅失し、又は損傷したときは、買主は、その滅失又は損傷を理由として、履行の追完の請求、代金の減額の請求、損害賠償の請求及び契約の解除をすることができない。この場合において、買主は、代金の支払を拒むことができない。
2 売主が契約の内容に適合する目的物をもって、その引渡しの債務の履行を提供したにもかかわらず、買主がその履行を受けることを拒み、又は受けることができない場合において、その履行の提供があった時以後に当事者双方の責めに帰することができない事由によってその目的物が滅失し、又は損傷したときも、前項と同様とする。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

677-2
677条の2 組合員の加入

条文 組合員は、その全員の同意によって、又は組合契約の定めるところにより、新たに組合員を加入させるこ …

677
677条 組合財産に対する組合員の債権者の権利の行使の禁止

条文 組合員の債権者は、組合財産についてその権利を行使することができない。 解説 改正趣旨 通説的理 …

676
676条 組合員の持分の処分及び組合財産の分割

条文 (組合員は、組合財産についてその持分を処分したときは、その処分をもって組合及び組合と取引をした …