563条 買主の代金減額請求権

前条第1項本文に規定する場合において、買主が相当の期間を定めて履行の追完の催告をし、その期間内に履行の追完がないときは、買主は、その不適合の程度に応じて代金の減額を請求することができる。
2 前項の規定にかかわらず、次に掲げる場合には、買主は、同項の催告をすることなく、直ちに代金の減額を請求することができる。
一 履行の追完が不能であるとき。
二 売主が履行の追完を拒絶する意思を明確に表示したとき。
三 契約の性質又は当事者の意思表示により、特定の日時又は一定の期間内に履行をしなければ契約をした目的を達することができない場合において、売主が履行の追完をしないでその時期を経過したとき。
四 前3号に掲げる場合のほか、買主が前項の催告をしても履行の追完を受ける見込みがないことが明らかであるとき。
3 第1項の不適合が買主の責めに帰すべき事由によるものであるときは、買主は、前2項の規定による代金の減額の請求をすることができない。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

677-2
677条の2 組合員の加入

条文 組合員は、その全員の同意によって、又は組合契約の定めるところにより、新たに組合員を加入させるこ …

677
677条 組合財産に対する組合員の債権者の権利の行使の禁止

条文 組合員の債権者は、組合財産についてその権利を行使することができない。 解説 改正趣旨 通説的理 …

676
676条 組合員の持分の処分及び組合財産の分割

条文 (組合員は、組合財産についてその持分を処分したときは、その処分をもって組合及び組合と取引をした …